プロペシアが利用されています

プロペシアが利用されています

薄毛を改善する治療薬として国内でも普及が進んでいるのが、プロペシアです。
正確にはプロペシアは商品名で、フィナステリドが一般名になります。
フィナステリドを配合した同じ効果の薬は複数ありますが、日本ではこの薬だけが販売されています。
医薬品扱いになるので、使用するためには医師の診察を受けて処方箋を貰う必要があります。
海外から個人輸入で入手している人もいますが、品質に確実な保証がないので必ず国内正規流通品を利用することが大切です。
http://www.fukuoka-usuge.com/
また、この薬は女性の薄毛改善には全く効果がないことが実験から立証されています。
加えて、妊娠中の女性や胎児に悪影響を及ぼすリスクが報告されているので、女性がこの薬を使用するのは無意味です。
本来は前立腺肥大症の治療薬として開発された薬なのですが、使用した患者さんから発毛報告が相次いだので、薄毛治療薬として転用されるようになりました。
プロペシアは錠剤で、一日に一錠が標準的な内服量となっています。

プロペシアは薄毛改善に効果がある

プロペシアは、AGAと呼ばれる男性型脱毛による薄毛を治療するための医薬品です。
プロペシアは、男性ホルモンの一種のテストステロンに作用する還元酵素の働きを妨げる効果を発揮します。この還元酵素がテストステロンと結びついてしまうと、ジヒドロテストステロンに変化します。
そして、ジヒドロテストステロンが毛根部の受容体と結びつくと、脱毛サインが出されます。
つまり、ジヒドロテストステロンが作用することで、成長途中の産毛でも抜け落ちてしまうという異常な発毛サイクルに陥ってしまうのです。
プロペシアは、テストステロンが変化するのに必要になる還元酵素の働きを抑えることが出来るので、結果として異常な発毛サイクルが発生するのを防ぐことが出来るのです。
服用で正常な発毛サイクルを取り戻せるので、抜け毛が減って健康な太い毛が生えてくるようになります。
効果を実感できるまでには最低でも半年の服用が必要になるので、その間医師から指導された注意点を守って飲み続けることが大事です。