薄毛で悩む人へ

薄毛で悩む人へ

薄毛で悩む男性は多くいて、若い人は20代から薄毛を感じている人もいます。
薬局やCM、通販でもたくさんの育毛剤や増毛剤などがでていますが、それとは別にそもそもその薄毛の原因物質にはたらきかける薬があります。これがプロペシアという薬でありますが、こちらは薬局などでは購入することができず、お医者さんの処方箋が必要になります。これは薬価基準未収載薬であるため、健康保険が適用されず、全額負担となり、だいたい1ヶ月に10000円ぐらいになります。
ちょっと大きな出費になってしまうのが欠点です。プロペシアは男性型脱毛症の人のための薬ですが、男性型脱毛症とはAGAとも呼ばれますが、成人男性に見られる髪の毛が薄くなる状態のことであり、額からか頭頂部からかのどちらか一方、または両方が薄くなっていきます。
その原因物質DHT(ジヒドロテストステロン)というもので、これが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と一緒になると毛髪の成長を退行または休止させてしまうのです。